楽天カードは母子家庭でも審査に通って作れる?

楽天カードを作ろうと思っているが、母子家庭であるため審査が心配…と思っている人もいるでしょう。

確かにクレジットカードというのは信用のカードで、クレジットカードが言う信用はつまるところ年収や家計の安定を指しています。

年収や家計の安定にそこまで大きな自信がない人でも楽天カードを作ることは可能なのでしょうか?

母子家庭でも楽天カードは作れる

結論から言ってしまえば、楽天カードは母子家庭だろうが作ることは可能です。

母子家庭だと、収入が不安定だとか、年収が低いだとか、パートで働いているから等といった色眼鏡で見られ、クレジットカードの審査に通らないことがあるのでは無いかと不安に感じている人が沢山いるようです。

しかしながら、楽天カードはそんな情報は審査をするにあたって一切見ていないクレジットカードと言われています。

楽天カードは申し込みの時こそ年収や勤め先、家族構成を聞いてきますが、楽天カードは審査の際その情報は殆ど何の参考にしていないというのが通説です。

楽天カードが審査の際に見ているのはただ一点のみ、過去にお金のトラブルが無かったかどうかなのです。

過去のお金のトラブル

楽天カードが考えるお金のトラブルとは以下の様な事象を指しています。

  • 自己破産などの債務整理
  • 他のクレジットカードの支払い遅れ・未納
  • 電話料金の支払い遅れ・未納

自己破産などの債務整理はまあ、説明する必要はありませんね。クレジットカードはやはり信用のカードであり、カードを使った人に対して月末に返済してくれることを信じてお金を立て替えるカードであるため…

過去にお金を払えなくなって債務整理をしたことがある人にはとてもじゃないけど発行はできません。「私、この前借りた300万円を踏み倒したんだけど10万貸してくれない?」と言われてお金を貸す人がいないのと全く同じ心理です。

他のクレジットカードの支払い遅れ・未納もまた説明をする必要はないですね。というか、楽天カードを持っていない時点でこの項目に当てはまる人はいないのではないでしょうか。

「イオンカードは持ってるけど楽天カードは審査に受かるか分からない…ちなみにイオンカードはこの前料金踏み倒しました。」みたいな感じの人はまあ日本には1人もいないかと思われます。

ちなみに、もし過去に楽天カード以外のクレジットカードを発行してもらえたことがあるのならば、楽天カードの審査は10000%間違いなく通ると考えていいでしょう。

楽天カードは業界でも1・2を争う審査難易度の低いクレジットカードであるので、他のクレジットカードを持てたのならば楽天カードなんて赤子の手からペロペロキャンディを奪うより簡単に手に入るでしょう。

最後に重要なのが携帯電話料金の支払い遅れ・未納です。

え?なんでこんなのを楽天カードが重視してるの?と思うかもしれませんが、じつは裏にはちゃんとした理由があります。

現代では携帯電話を購入する際、月賦でスマホ料金を払うのが普通となっています。例えばiPhoneの新作は10万円ほどしますが、携帯電話会社との契約と同時にiPhoneを手に入れると、2年間毎月4000円ほどの月賦払いでiPhoneを手に入れることが出来ます。

この月賦払いですが、あまりにも自然に根付いている文化であるため気づきづらいのですが、実はコレも借金の1つであり、これの支払いに遅れたり踏み倒したりするとブラックリストに入れられてしまうわけですね。

たかが携帯料金だと思って甘く見ていると、クレジットカードが作れない人生がまっているわけです。恐ろしいですね〜

実際、携帯料金だと甘く見て踏み倒したがためにクレジットカードを作れなくなってしまった人はゴマンといます。覚えがあるのならたとえ審査難易度がとにかく低いと言われているクレジットカードである楽天カードですら、発行してもらうのは厳しいかもしれません…

居住状態や無収入などもちょっと厳しいかも

楽天カードが気にしているのはただ一点のみとは書きましたが、もし居住状態が不定であったり、収入がゼロの場合は厳しいかもしれません。

楽天カードは誰にでも発行したがるカードでは有りますが、それでも例えば居住状態が不定の場合、楽天カードをどこに届けていいか分かりません。

それ以前に、賃貸でも済む場所がない人が果たして貸したお金を返してくれるのかと考えた時、返してくれなさそうと考えるのが普通であるので、この場合も厳しいでしょう。

収入がゼロの場合ですが、これは難しい所があります。楽天カードは主婦でも作れるというのが売りの1つであり、その場合は配偶者の収入を見て発行することになります。

例えば母子家庭で、親の家に住んでいて今は何もしていない場合は似たようなケースになるので、発行してもらえる可能性もあれば、ない可能性もあります。この場合は申請してみてどうなるか見るしか無いでしょう。

ついでに、クレジットカードの審査に通るかわからないから片っ端のクレジットカードに応募して、どれかに通るのを待つ…みたいな事は絶対やめましょう。

クレジットカード会社の審査情報じつは裏で全部繋がっていて、同時に大量のクレジットカードの申し込みをすると、不正に使うのではと思われ、全て拒否されるからです。

昔クレジットカードを大量に作って限界までショッピングして逃げる…みたいな事があったからでしょうね。また、クレジットカードの審査を受ける際は半年に1回にしないと毎度落ちるとも言われています。

もし過去にイオンカードか何かのクレジットカードの審査に落ちている場合は、最低でも半年開けてから申し込むようにしましょう。

基本的に楽天カードは誰にでも発行してくれる

過去に間違いを起こしたことがないのであれば、楽天カードの審査に通るのはまず間違いないと考えていいでしょう。

楽天カードはとにかく大量にカードを発行し、手数料で儲けようという魂胆のクレジットカードであるため、できるだけカードを欲しがっている人には発行してあげたいと考えているフシが有ります。

なので、過去に何も悪いことをしていないのであれば、欲しいといえば発行してもらえるでしょう。

そんな尻の軽いカードがあるものか…と思うかもしれませんが、楽天カードの申込条件を見てみるとバッチリと書いてあります。

Screenshot at Nov 24 13-45-50

満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)

単に「満18歳以上の方」と書けばいいのに、わざわざ括弧書きで主婦、アルバイト、パート、学生と書き加えています。

これはつまり、「楽天カードは普通はクレジットカードの審査に不利と言われている主婦、アルバイト、パート、学生といった人でも歓迎してカードを発行してあげます。」という楽天カード側のメッセージであり、楽天カードの審査の簡単さがそれを証明しています。