楽天カードはフリーターでも作れる?

楽天カードは日本一審査が甘いと言われているカードですが、果たしてフリーターでも作れるのでしょうか。

クレジットカードと言うとなんとなくお金を余るほど持っていてお金使い放題の資本主義の豚が持つようなイメージがあり…ありませんね。でもフリーターはクレジットカードを持てないというイメージはたしかにあります。

果たしてフリーターでも楽天カードは持てるのでしょうか?

楽天カードはフリーターでも持てる

いきなりいってしまえば楽天カードはフリーターでも問題なく審査に通って持つことができます。

楽天カードの審査の全てでも書きましたが、楽天カードは基本的には誰にでもカードを発行しています。無職にも、派遣にも、学生にもです。

そもそも楽天カードの申込画面には、このような文面がわざわざ括弧書きで強調されています。

Screenshot at Nov 24 13-45-50

満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)

フリーターはアルバイト・パートの枠に入りますね。通常のクレジットカード会社ではこのような文面は見られません。これはすなわち、楽天カードはこれらの人を歓迎しているという意思表示にほかなりません。

だいたい無職なのに楽天カードを持てるというのになぜフリーターが持てないことがありましょうか。フリーターでも楽天カードは問題なく作れるので、申し込みしてしまいましょう。

楽天カードが審査が甘いと言われるのは、恐らく現在どのような状況かを見ているのではなく、いままでどうだったかを見ているからかと思われます。

楽天カードの申し込みをする際は年収や仕事の部分を入力する必要がありますが、その部分は殆ど見ていないと言われています。職業をスナイパーに設定しても楽天カードは持てたという都市伝説が存在するくらいです。

もし過去に金融関係のトラブルにあっていないというのならフリーターでも問題なく審査に通り、楽天カードを持てるはずです。

金融関係のトラブルが過去にあるとヤバイ

不穏な文面ですが、金融関係のトラブルというのは例えば過去に借金を返すのを遅れたり、踏み倒したりといった事を言います。

ほとんどの人は人様から借りたお金を期日までに返さないなんて不義理はしないかと思われますが…これをしてしまうとさすがの楽天カードでも審査を落としてきます。

気をつけなくてはいけないのが、「借金を返すのを遅れた」という状況は携帯料金を払うのを遅れた場合でも当てはまるという点です。

現在、携帯料金というのは普通通信料にスマホ分割支払代金を上乗せして請求されています。例えばiPhoneを分割支払で購入して、通信料が5000円の場合。通信料5000円+スマホ分割支払代金3000円でひと月合計8000円請求されるわけです。

クセモノなのがこの分割支払という部分で、これはiPhoneをローンで購入しているというていになっているわけです。携帯料金を支払うのを遅れると、同時にローンの支払いも遅れたとみなされブラックリストに登録されてしまいます。

ブラックリストに登録されると楽天カードも警戒して審査で落としてしまうことがあるので注意です。

ブラックリスト入りされていない人のため、フリーターが審査に通りやすくなる方法について紹介していきましょう。

カード設定を謙虚にしよう

もしフリーターで楽天カードを申し込もうと思っているのなら、カードの限度額設定などを可能な限り低く設定しましょう。

楽天カードでは申込時にキャッシング枠、限度額を設定する事が出来ますが、これを出来るだけ低く設定することによりカードの審査に通る確率を上げることが出来ます。

Screenshot at Nov 18 14-40-42

やはりキャッシング枠や限度額というのは高ければ高いほど大きな信用が必要になってくるので、とにかくカードがほしいのであれば低く設定しておくに越したことは有りません。

ちなみに、ブランドによって審査が甘くなったり厳しくなったりと言う事はないようなので好きなブランドを選びましょう。VISAかマスターかJCBのどれかで迷うならこちらの記事をおすすめします。

具体的に言うと、

・限度額を最低の10万円

・キャッシング枠を0万円

この二つを最低額にしておけば、審査難易度が上がることはないでしょう。

リボ払いもオンにしておく

どうしてもカードを作りたいのであれば、リボ払いもオンにしておくといいでしょう。

リボ払いをオンにしておくと、毎月の支払金額が固定されます。例えば毎月の支払金額をリボ払い5000円にしておくと、たとえ毎月3万円くらい使っても毎月5000円しか口座からは引き落とされません。

じゃあ5000円で毎月使い放題になるのかというとそんなことはなく、払いきれなかった分は借金として残り続けます。リボ払い5000円で3ヶ月連続で3万円使った場合はこうなります。

1月目:3万ー5000円=25000円の借金

2月目;25000円+金利+3万ー5000円=5万円+金利

3月目;5万+金利+3万ー5000円=75000円+金利

このように、リボ払いの支払金額が少ないとどんどん借金が膨らんでいくことになります。

ただ、そこが美味しいのでクレジットカード会社はこぞって客をリボ払いに変更させようとやっきになっています。楽天カードも例外ではなく、リボ払いにすることによりポイントが貰えたりします。

リボ払いにすると審査にも通りやすく成ると言われているため、どうしてもカードがほしいのであればリボ払いをオンで申し込むというのも有りでしょう。リボ払いはすぐに解除できるので、リボ払いオンで申し込んでおいてすぐ解除というのもいいですね。

ただ、収入が不安定な場合リボ払い月3万くらいに設定しておくと生活が助かる可能性もあるので…解除するかどうかはよく考えましょう。楽天カードはあとからリボ払いにするあとリボも対応しています。

年収や預貯金額にはなんと書いたらいいか

楽天カードには申込時に年収や預貯金額を書く欄があります。ここには何て書いたらいいのでしょうか。

たしかにフリーターは年収が低くなりがちで、クレジットカード会社はお金のある人にしかクレジットカードを発行してくれないというイメージがあります。

しかし、ここで年収を偽っても仕方有りません。年収の部分は可能な限り正直に書きましょう。少しくらいは盛ってもいいかもしれませんが…

そもそも、楽天カード側には個人の年収や預貯金額について知るすべはありませんし、楽天カードは年収や預貯金額については審査の参考にしていないというのが私の考えです。

楽天カードが審査するときに見ているのは先述の通り、過去に金銭トラブルを起こしたかどうかのみであるため、申請時に自己申告してきた年収や預貯金額なんて何のプラスにもマイナスにもならないのです。

ただ、見ていないからといってあまり適当なことを描くのはやめましょう。何故なら…カードを使い始めればおおむねの年収や預貯金額は見えてくるからです。

申し込み時には誠実になろう

楽天カードを申し込む際、職業や年収を書き込む欄がありますが、ここは本当のことを書きましょう。楽天カードは審査が甘く誰でも持てるカードとして有名ですが、同時に途中で契約が向こうから切られる可能性が高いカードとしても有名です。

入り口をとりあえず広くしておき、出口を狭くする海外の大学方式ですね。楽天カードは誰にもいい顔をしますが、不誠実な人間にたいしては般若の顔を見せてきます。

フリーターなのにトヨタの重役で年収3億ありますなんて記述をすると、「年収とカード利用額が噛み合ってない…この人信用出来ないかも…」なんて思われて途中でカード契約を切られてしまいます。

そのため、申込時の職業や年収は必ず可能な限り正しい値を書くことを心がけましょう。

結局のところクレジットカードは会社と客の間の信用関係で成り立っているわけですからね。ここを疎かにするとお互いのために良くないというわけです…

勤務先に在籍確認の連絡は来るか

立場が弱いフリーターの場合、カードを発行してもらうのに勤務先に確認が必要となると、ちょっと肩身が狭い思いをすることになります。

楽天カードを申し込む際、フリーターでも勤務先の住所や名前、電話番号を入力することになります。これを頼りに楽天が電話をかけてきたりはしないのでしょうか?

してきません。

楽天カードは基本的には電話確認を行わないクレジットカード会社です。楽天カードが電話確認をするのは申し込んできた人が未成年で親の承諾を取らなくてはいけない場合か、何かしら大きなトラブルがあった時のみと言われています。

調査のためランダムに電話を何百人に1人くらいの割合で掛けていると言う話もありますが…少なくとも最近、楽天カードから電話が掛かってきたという報告をしてきた人は居ません。

なので電話確認について気に病むことはないでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。