楽天カードは大学生でも持てる?

大学生、それは日本における自由の象徴…大学生になったら自由時間が増え、バイトなどもたくさん入れられるようになり生活が高校の時と比べると豊かになるはずです。

この時にクレジットカードを持っていれば、この豊かで自由な大学生活をさらに素晴らしくしてくれることまちがいなしです。

しかし…クレジットカードというと審査が厳しいだとか、仕事を持っていないと持てないみたいなイメージが有りますが、実際の所大学生でもクレジットカードは持てるのでしょうか。今回はそのあたりを解説していきます。

楽天カードは大学生でも問題なく持てる

楽天カードには職業や身分の規定は特に有りません。つまり大学生でも問題なく楽天カードは所持することが出来るのです。

ただし、未成年の場合は親の承諾書が必要です。通常、大学生活は18歳から始まるため入学して即クレジットカードが欲しいという場合は親の承諾書が必要になってきます。

クレジットカードに対してマイナスイメージを持っている親を持っている場合はとりあえず私が前に書いた未成年が論理武装ガイドを読んで論理武装してから親の承諾書を貰いに行きましょう。

既に未成年ではない場合は楽天カードを持つ資格を有しているので、遠慮無く申し込んでしまいましょう。

情報入力画面では何と入れるべきか

学生でも楽天カードは持てるものの、やはりクレジットカードには審査という壁が付きまといます。

社会的信用のしるしであるクレジットカードは、果たしてふらふら遊んでる大学生なんかにも快く発行してくれるのでしょうか?

もちろんしてくれます。

楽天カードの情報入力画面を見ながらどうするべきか解説していきましょう。

まずは楽天カードの公式にアクセスして、キャンペーンにエントリーしてから楽天カードの申込画面に進んでいきましょう。

ここではつまづきそうな所を特に何と入力するべきか解説していきます。

お勤め先について

情報入力画面のかなり下の方にあるお勤め先についてという入力画面。

大学生の場合はここには学生の方のラジオボタンにチェックを入れましょう。

Screenshot at Nov 16 15-48-11

もちろん学生ですからね。社会的地位があるように見せかけてお勤めの方にチェックしても次の画面でどこに勤めているのかという質問が来てどうしようもなくなるのでやめましょう。

学生の方にチェックを入れた状態で次の画面に行くとこのような画面に推移します。

Screenshot at Nov 16 15-49-32

学校名や卒業予定日を書くのはまあ、いいとして気になるのは預金金額と世帯年収の所ですね。

嘘をついてもカードの使用状況ですぐにバレるのでここはしっかり本当のことを書きましょう。ただし、仕送りの分は世帯年収に加えて問題ないかと思われます。例えば毎月8万仕送りしてもらっていて、バイトで7万稼いでいる場合は月収15万、年収180万と書くことになるわけですね。

この世帯年収は楽天カードの審査の際にどう書けばいいのか非常に悩ましい所なのですが、やはり見えをはって多く書いても毎月3万くらいしか使わなければ貧乏なのがバレますし、正直に行きましょう。むしろ楽天カードは初期審査より発行後に行われる中途審査の方がキビシく、この時の入力内容と実情があまりにも食い違いすぎるとカードをいきなり止められる言われているので、誠実を目指すほうが安全です。

預貯金額も同じくまじめに書きましょう。運転免許証もです。

ただ、楽天カードは受け取りの際に何かしらの身分証明書が必要になってくるので楽天カードが届く1週間以内に何かしらの身分証明書を用意しておきましょう。詳しくは楽天カードの審査を最短で行い家に届かせるにはでも書きましたが、以下の身分証明書が必要になってきます。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 在留カード
  • 健康保険、国民健康保険又は船員保険などの被保険者証
  • 国民年金手帳
  • 年金手帳

大学生でも必ず持っているのは健康保険証だと思いますが、もし何処にあるか分からない場合は楽天カードを受け取れないので絶対に探しておきましょう。

楽天カードは受け取りの際に身分証明書を提示する必要があるので、これらが無ければ家に来ても受け取れません…。

本人様収入と本人様税込み年収について

他に引っかかりそうなのはここですね。本人様収入&本人様税込み年収の部分です。

Screenshot at Nov 16 15-48-04

学生で仕送りやバイトによる収入がある場合は収入ありとしていいでしょう。仕送りを収入と呼んでいいかどうかは…実際の所定期的に自分の懐に入ってくるお金であるため呼んでいいでしょう。

税込み年収の部分にも仕送り+バイト収入の年収を書き込んでおきましょう。ちょっと心が痛むかもしれませんが、やはり1年間に使うお金はこの年収から出てくるわけですからね。

ちなみにここも偽りなく書きましょう。学生なのに年収1000万とか書いても不自然ですからね。

審査にどうしても受かりたいなら

どうしても審査に受かりたいなら抑えておくべきポイントがいくつかあります。

それはキャッシング枠リボ払いの二つです。

キャッシング枠

キャッシングというのはクレジットカードを直接現金にする仕組みです。ATMにクレジットカードを入れ、金額を指定するとクレジットカードの利用可能額を使って現金を引き出すことが出来ます。

どういう時に使うかというと例えば現金オンリーの店に今から行くけど、現金を持っておらず、かつキャッシュカードを持っていないか預金残高が無いがATMは近くにあるという場合にキャッシングを行うことにより現金を手に入れることが出来るのです。

ただ、現金を直接貸し出すのはクレジットカード会社にとってもかなりリスキーであり、通常の利用よりもさらに金利は高額になっている傾向にあります。さらに、リスキーであるためキャッシングは基本、ちゃんと信用出来る人間にしかOKしません。

楽天カードも例外ではなく、キャッシング枠は信用できる相手にしか開放しません。一応申込時にキャッシング枠を指定することが出来ますが、キャッシング枠を付けるにはさらなる厳しい審査が必要になるので、とにかく審査に落ちたくない人はキャッシング枠は0万円に設定しておきましょう。

Screenshot at Nov 16 15-47-10

というかそもそもキャッシング枠なんてあっても利用しません。だいたい預金がないのにキャッシング枠を使って現金を手に入れるという発想自体が賭博黙示録カイジレベルのヤバさだと思うので、泥沼にハマりたくないのであればキャッシング枠なんて付けないようにしておきましょう。

リボ払い

リボ払いというのは毎月の支払を固定化することにより、支払いの負担を減らすというサービスです。

例えば1月に1万、2月に5万、3月に7万使った場合、3月に1万の支払い、4月に5万の支払い、5月に7万の支払いを行う必要が出てきます。

4月に5万円を払ったばかりなのに5月に7万なんて大金は出せそうにない…ヤバイな〜という状況ですが、リボ払いを設定しておけば3月も4月も5月も5千〜1万5千円の支払いで済ますことが出来ます。

たまに連続で大量にクレジットカード支払いしてしまっても、ごっそり預金が削られてヤバイという状況を無くすことが出来るわけですね。

これだけ聞いていると素晴らしい機能に思えてきますが、リボ払いは便利な半面金利が高く設定されている上、支払い方法にそもそも問題があるのでとんでもない泥沼にハマる可能性があります。

クレジットカードの支払総額は自分の使った金額×金利となりますが、リボ払いの場合自分の使った金額が毎月足し算されて膨らんでいくことになります。すると金利もどんどん大きくなっていくので、支払総額もどんどん大きくなっていきます。

毎月固定金額が引き落とされるというのは計算するのには非常に楽なのですが、やはり自分の借金とそれに対する金利がどんどん増えていくのは気持よくないしそもそも無駄ですので、出来るだけリボ払いは使いたくない所です。

…使いたくないのですが、クレジットカード会社側からするとリボ払いはどうやらかなり割のいい小遣い稼ぎ方法とされているようで、ほぼすべてのクレジットカード会社はリボ払いに切り替えることにより何かしらの恩恵を受けられるというサービスを展開しています。

なので、どうしても審査に落ちたくないのであればあえてリボ払いを指定するというのも手です。

Screenshot at Nov 16 15-47-35

一般的にはリボ払いにすることにより審査に通りやすくなると言われています。噂程度でもありますが、審査に受かる確率を少しでもあげたいのであればリボ払いに申し込んでおくのも手です。

リボ払いはあとで簡単に解除することが出来るので、とりあえずリボ払いありで申し込んでおいてあとで解除するというのもありでしょう。

ちなみに、申し込みの際お支払コースを最大の3万円に設定するのを忘れないようにしましょう。月々5000円でリボ払いをしようと思ったら10万円を返すのに2年以上かかる計算になるので…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。