楽天カードのブランドや券面デザインの変更は可能?

楽天カードのユーザーになってしばらくして、ふと気がついたら自分の今持っている楽天カードよりも良さげな楽天カードが出ていた!

もしくは今のブランドだと不便が多すぎてブランドを変更したい!

クレジットカードを使っていてそんな体験をしたことがある人は少なくないかと思われます。

楽天カードは数あるクレジットカードの中でもかなり進歩的なクレジットカードであるため、次から次へと新しいサービスが登場しているため、楽天カードユーザーは特にそんな経験をしたことがあるかと思われます。

例えば楽天カードは最近では楽天パンダの券面の楽天カードなんかを出してましたしね。既に楽天カードを持っているせいで楽天パンダの楽天カードがほしいのに発行できない人は血の涙を流しているでしょう。

screenshot-at-nov-24-15-58-52

そんなわけで今回は、楽天カードを既に持っている人がブランドや券面を変更出来るのかについて解説していきたいと思います。

ブランドや券面の変更は基本的には不可能

いきなりですが残念なお知らせがあります。楽天カードを既に持っている人は、基本的にはブランドや券面デザインの変更は出来ません。

ただし、完全に不可能というわけではありません。基本的には不可能なだけであり、ちょっと無理をすれば変更は可能となっています。

そもそもクレジットカードというものは基本的にはブランドや券面デザインの変更は不可能です。しかし、発行し直しという手続きを踏めばどんなブランド・券面にも変更可能となります。

「な〜んだ…発行し直しだけで済むならいいじゃないか。」と思うかもしれませんが…実際はその響き以上に大変です。特に、カードの発行し直しをするとクレジットカードの番号が変更されてしまうからです。

クレジットカードの番号が変更されると、これまでインターネットに登録していたクレジットカードの番号、携帯電話・NHK・家賃など定期的な料金の支払いに使っていたクレジットカードの番号、スマホに登録していたクレジットカードの番号の変更などが必要になってきます。

特に定期的な料金の支払いにクレジットカードを利用していた場合、それを全て変更しなければ月末には未納通知が届くことになることを考えると…ちょっと面倒くさい感じになってきますね。

ただ、ブランドの変更によって受けられる恩恵のことや、一部券面デザインは期間限定だったりすることを考えると、そのような面倒くさい手続きを乗り越えてでも替えてもいいような気もしてきます。

それではクレジットカードの番号を変えてでもブランドや券面デザインを変更したい場合、どのような手続きが必要になってくるのでしょうか?

ブランド・券面デザインの変更方法

1.解約

先述の通り、ブランドや券面デザインを変更するにはまず楽天カードを解約する必要があります。

楽天カードの解約はいまのところインターネットではできないため、楽天カードに電話をする必要があります。

持っている楽天カードを手元に用意した状態で楽天カードに電話(0570-66-6910もしくは092-474-6287)しましょう。

screenshot-at-nov-24-16-24-34

ちなみに楽天カードコンタクトセンターは平日の9時半〜17時半までしか空いていないので、帰宅してから電話しても多分手遅れです。電話するなら昼休みのような平日昼間の開いてる時間にしましょう。

オペレーターとの電話が繋がったら、「楽天カードのブランドを変更したいので解約させてください」もしくは「楽天カードの券面を変更したいので解約させてください」と伝えましょう。

何も難しいことはありません。むしろ歓迎してくれるはずです。なんていったって別に楽天カードを本当に解約するわけじゃないですからね。

電話が終われば解約手続きが始まるはずです。電話をしてから実際に解約処理が行われるまではタイムラグがあるので、再発行の手続きをするのは待ちましょう。

解約までの時間は1〜3日とのことなので、解約の電話が済んだら数日間ダラダラして待っていましょう。

楽天側にデータが残っている状態で楽天カードをまた申し込もうとしても「お客様は既に楽天カードをお持ちですので、再度お申込みしていただくことは出来ません。」といったメッセージが表示されて申し込み手続きに進めません。

2.再契約

解約が住んで数日経ったらいよいよ再契約です。

再契約の方法は、単純に楽天カードの申し込みページに行ってまた契約するのみです。

解約が正常に行われていればエラーメッセージが出ずにそのまま楽天カードの契約画面に進むことが出来るはずなので、最初に楽天カードを契約した時と同じように情報を入力し、楽天カードの再発行手続きを済ませましょう。

まず間違えないとは思われますが、正しいブランドを選んでいるかどうかちゃんと3回くらい確認しましょう。

screenshot-at-nov-24-17-01-19

ボーっとしながら前と同じブランド・券面デザインで契約してしまってもう一度再契約し直しなんてなったら泣けますからね。一応2〜3回見直しましょう。

3.発行

申込みが終わったらいよいよ発行です。いよいよといっても2回目の人にとっては別にワクワクもしないと思いますが…

楽天カードは発行から届くまでが短いことをウリにしていることもあり、相変わらずかなりの速さで届きます。

早い人は1週間未満、遅い人でも10日以内には届くのではないでしょうか。何日で届くかは審査状況や居住地によって変わってきますが、私の場合は楽天カードは5日で家に届きました。

再発行の場合でも、基本的には新しくカードを作り直しているので前回と同じかそれ未満で届くはずです。審査に既に1回通っていることを考えると、もしかしたら前回より早い可能性すらありますね。

カードが家に届きさえすればもう終わりです。あとはカード番号の入力し直しという作業が残っていますが…きれいな新品のカードを見ればその気だるさも吹き飛ぶことでしょう。

再発行に関する疑問・質問

さて、再発行をするにあたって様々な疑問があるかと思われます。そんな疑問・質問に答えていきましょう。

クレヒスはどうなる?

まず気になるのは再発行に当たっての審査でしょう。クレジットカードを解約して再契約だなんて、なんとなくクレヒスに傷をつけそうな案件ですからね。

クレジットカードをわざわざ解約して契約し直すなんて詐欺師がやることだからブラックリスト入りしそう…と思う人もいるかもしれませんが、別にそんなことはありません。

結局のところ、再契約のための解約であるためクレヒスに傷がつくみたいな事は一切ありません。

審査はどうなる?

クレヒスが無事なことが分かったら次に気になるのは審査でしょう。一旦解約して再契約となると、審査はまたあるのか…それとも無いのか…?

再契約の場合、審査はやり直しとなります。たとえ過去に審査に通っていたとしても、クレジットカードを発行する人は審査を受ける必要があるのです。

とはいえ、一度は楽天カードの審査を通っているのなら、再契約時に審査に落ちるということはまず無いでしょう。そもそも楽天カードは審査が簡単で、落ちるほうが珍しいと言われているくらいなので、心配することはないでしょう。

過去数ヶ月間にわたって楽天カードを滞納していたみたいな事がなければまあ間違いなく審査に通るはずです。

逆に過去数ヶ月間、楽天カードや他のクレジットカードを滞納した経験がある人は念のため楽天カードの再契約は辞めておいたほうがいいでしょう。

解約したら楽天スーパーポイントはどうなる?

楽天とえいばその還元率の高さが有名ですね。楽天ポイントをせっせと貯めて、楽天ポイントを使って楽しく賢くお得に暮らしている人もいるはずです。

しかしその楽天ポイントが貯まる楽天カードを契約してしまったら楽天ポイントはどうなってしまうのでしょうか!?

安心してください!楽天スーパーポイントは楽天カードを解約しても無くなることはありません。

楽天ポイントは楽天アカウントに貯まっていくポイントであり、楽天カード自体に貯まっていくポイントではないため、楽天アカウントの削除をしない限り楽天ポイントは残り続けます。

楽天カードの解約をしても楽天アカウントの削除には全くつながらないため、ご安心を…

入会時の楽天ポイントはまた貰える?

楽天と言えば入会時に5000円相当のポイントがもらえることでも有名です。5000円といえば好きなゲームやらDVDやらコーヒーメーカーやらが自由に変える金額です。

再入会をすればまた5000ポイントもらえてウルトラオトクなのでは!?と思うかもしれませんが…

残念ながら再入会の際には入会時の楽天ポイントは貰えません。

当たり前といえば当たり前ですが、ちょっと期待してしまっただけちょっとガッカリしますね。

楽天Edyはどうなる?

楽天Edyを使いこなしている人がどれくらいいるかは分かりませんが、楽天カードに楽天Edyを定期的にチャージして使っている人はどうなるのでしょうか。

楽天Edyの場合、新しい楽天カードにしてもEdy残高は引き継がれません。

楽天ポイントは楽天アカウントに貯まるポイントなのですが、楽天Edyは楽天カード自体に残高が貯まっていきます。

楽天Edyの場合は楽天カードの中に埋め込まれているチップの中に残高情報があるので、再発行した楽天Edyには残高は引き継がれません。

なので楽天カードを再発行して、古いカードを処分する前に楽天Edyは使い切っておきましょう。

多分ですが、新しい楽天カードがもし先に届いてもEdy残高の入った楽天カードは「クレジットカードの機能はないけどEdy残高を使い切るまではEdyカードとして使える楽天カード」となるので、Edyを使い切る前に楽天カードの再発行をしても問題はないかと思われます。

ただ、そのような使い方をする場合でもEdyを使い切ったらカードを処分するのは忘れないようにしましょう。

ついこの間楽天カードと契約したばかりでも大丈夫?

ついこの間楽天カードと契約したばかりだけど、ブランドの選択をミスったような気がするから変えたい…という人も少なからずいるでしょう。

しかし、楽天カードと契約して2ヶ月未満の人はできるだけ再契約をするべきではありません。

理由はいくつかありますが、まず楽天カードと契約して2ヶ月以内に解約すると楽天カードの利用ポイントが貰えない可能性があります。

楽天カードの入会時の5000ポイントは内訳では入会ポイントとして2000ポイント、楽天カードをはじめて利用すると利用ポイントとして追加で3000ポイントとなっています。

この利用ポイントを受け取るには、楽天カードを使って1〜2ヶ月待つ必要があります。実際にポイントが自分の楽天アカウントに追加されるのは1〜2ヶ月経ってからであるので、もしそれ以前に楽天カードを解約してしまうとそのポイントが受け取れない可能性があるのです。

一旦解約して再契約した場合では楽天カードの入会時のポイントは貰えない仕組みになっているので、もし楽天カードと契約してすぐ解約・再入会をすると3000ポイント以上を逃してしまうことになってしまいます。

また、クレジットカードの契約をしてすぐ解約というのはそもそもクレジットカード業界のマナーとしてあまりいいものではありません。

先に再契約するから大丈夫とは書きましたが、あまりにも期間が短すぎると「入会ポイントを目当てに一瞬契約しただけなのかな?」と思われてしまい、今後の他のクレジットカードの審査が厳しくなる可能性があるので…できるだけやめておきましょう。

再入会をする場合、とりあえず半年+1〜2ヶ月ほどは使ってからするのが安全、かつ理想だと思います。