楽天カードで空港ラウンジは利用できる?

クレジットカードといえばその豊富なサービスですね。海外旅行時の保証や、空港ラウンジの利用、ウワサによると海外旅行の手配や身の回りの世話までやってくれるクレジットカードすらあるとか…

ところで楽天カードはどうなのでしょう?楽天カードを使えば空港ラウンジは利用できるのでしょうか…?

空港ラウンジとは

空港ラウンジというのは空港会社が上客のために用意している、空港のどこかに存在する特別なエリアですね。

Fra_lh_firstterminal_seating

通常、空港で飛行機を待つ際は人混みをかき分けながら開いている、出来るだけ搭乗口に近い…かつできれば電源もついている席を探すものですが、空港ラウンジが利用可能な客はそんなことをする必要が有りません。

空港ラウンジに入る権利さえあればそんなことをしなくても、すいているラウンジで無料のソフトドリンクを飲みながら、ゆったりと自分の飛行機の搭乗時間を待つ事が出来るようになります。

全ての空港ラウンジの中ではソフトドリンクが無料で提供され、新聞・テレビ・Wifiといった搭乗時間までの暇つぶし用のものは全て揃っています。場所によってはコピーサービス、シャワーサービス、パソコン貸し出し、名刺作成サービスなんてものも用意されています。

これに入る権利を得るにはファーストクラスやビジネスクラスで搭乗する以外にも、特定のクレジットカードを持つという方法もあります。

楽天カードはその特定のクレジットカードに含まれるかというと…含まれます。ただし、楽天プレミアムカードに加入する必要があります。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードというのは楽天カードのアップグレード版ですね。一般的にはゴールドカードとも呼ばれます。

このカードを持つと、プライオリティ・パスという空港ラウンジに入るための会員証を貰うことが出来ます。プライオリティ・パスというのは1992年にコリンソン・グループによって設立された、世界中の空港のラウンジを纏めて利用可能にする会員制サービスです。

Screenshot at May 21 17-25-05

このプライオリティ・パスの会員カードを持っていると、プライオリティ・パスが契約した全ての空港ラウンジに、たとえファーストクラスでなくても入れるようになります。

もちろん日本の空港とも契約しており、これを持っていれば例えば成田国際空港・関空国際空港・福岡国際空港などの空港ラウンジに入ることが出来るようになります。

さらに、楽天プレミアムカード自体が契約している空港ラウンジにも入れるようになります。

プライオリティ・パスではメジャーな日本の国際空港の一部しか対応していませんが、楽天プレミアムカードはその間を縫うように日本のほぼ全ての国内空港を網羅しています。すなわち北は新千歳空港・函館空港・青森空港などから始まり南は鹿児島空港・那覇空港などですね。

おまけにハワイのホノルル空港と韓国の任川空港にも対応しています。うーんいたれりつくせり。

空港ラウンジに憧れている人、もしくは出張などで世界中の空港に訪れる機会が多い人はプライオリティパス目当てに楽天プレミアムカードと契約してもいいかもしれませんね。


年会費は1万円ですが、プライオリティパスの値段がそもそも年間99ドル(約1万2千円)なので、プライオリティパスが最大の目当てなら安いものでしょう。

というか、数あるプライオリティパスが付いてくるクレジットカードの中で最も年会費が安いのが楽天カードです。普通、プライオリティパスは年会費2万円以上のものにしか付いてきません。

ただし、他のカードと違って家族カードにプライオリティパスを付けるには追加料金として5000円がかかります。

楽天プレミアムカードは他にも誕生月にカードを使ったり加盟店であるエネオス等で使うとポイント3倍みたいな嬉しい特典も付いているので、さらにお得感倍増です。

コメント

  1. […] 入り放題なのは楽天カードプレミアムくらいですね。 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。