仕事を始めたばかりでも楽天カードは作れる?

クレジットカードは信用のカードです。クレジットカードを利用するとクレジットカード会社が一時的に代金を立て替えてくれます。

月末にはその立て替えてくれた金額を一括でクレジットカード会社に払わなくてはいけないのですが、もしお金がなければ立て替えてくれたお金を返済することが出来ません。

クレジットカード会社はクレジットカードを発行してあげた人を信用してお金を立て替えてあげているわけなので…クレジットカードは信用のカードなんて言われるのですね。

具体的にどうやってその人が信用できるかどうかを見極めているのかは、だいたい仕事をしているかどうかとか、年収がどれだけあるかを見ているとよく言われます。

それでは…最近まで無職、もしくは学生で、今やっと仕事を始めた人はどうなるのでしょうか?今回は仕事を始めたばかりの人でも楽天カードは作れるのかどうかについて解説していきましょう。

仕事を始めたばかりでも楽天カードは作れる

まず結論から言うと、仕事を始めたばかりの人でも問題なく楽天カードは作れます。

そもそも楽天カードは無職や学生、主婦でも作れるというのになぜ仕事を始めたばかりの人が作れないなんて事があり得ましょうか。

楽天カードは過去に携帯料金の支払いを踏み倒したり、他のクレジットカードで支払いをしなかったりなどしてブラックリストに入っていないかぎりはまず審査に落ちることは無いと言われています。

楽天カードはとりあえず誰にでも発行してしまって、そのあとで手数料で儲けるという薄利多売の原理をクレジットカードに持ち込んでいます。

なのでいつ仕事を始めるだとか、最近始めただとか、仕事しているしていないにかかわらずカードを作ること自体は誰でも出来るはずです。

ただ、楽天カードは途中の審査が非常に厳しいことで有名で、支払いが遅れたりなんかするとバンバン無効から解約してくるので、銀行の残高には気をつけましょう。

仕事を始めたばかりということは、もし楽天カードを発行してもらえても銀行残高にはあまりお金が入っていない状態になっているはずです。

その場合、給料日と引き落とし日の微妙なズレなどにより、お金は近いうちに入るはずなのに支払いができない…なんて状態になる可能性が出てきます。

もしお金が入るとしても、指定された日に引き落とせなかったらそれはそれで別問題であるため、楽天カードの目にはかなりマイナスポイントとして映るはずです。

もし仕事を始めたばかりで楽天カードを発行してもらうという場合は、楽天カードの締め日・支払日なんかもちゃんと把握しておきましょう。

預貯金額と年収

楽天カードを発行するにあたって、最近仕事を始めたばかりで楽天カードを申し込む際に気になるのはこの預貯金額と年収の部分でしょう。

クレジットカードは信用のカードであり、クレジットカード会社は貯金と年収がある人にクレジットカードを発行したがります。

なので…仕事を始めたばかりの人は預貯金額と年収の部分にどう記載していいのか大いに悩むことでしょう。

これらはどう記入していけばいいのでしょうか?

預貯金額

預貯金額ですが、ここは正直に記入しましょう。

クレジットカードはやはり信用のカードですので、誠実さが求められます。適当に300万くらい貯金があると書いても別にいいのですが、お薦めはできません。

そもそもカードの使い方を見ればクレジットカード会社はどれくらいの年収や貯金があるのかは容易に想像することが可能ですので、嘘をついてもあまり意味はありません。

また、楽天カードは特に不誠実なカード利用者に対して厳しいことでも有名なので、嘘をついて適当なことを書くメリットがそもそもありません。ちょっと四捨五入するくらいならいいと思いますが…

また、楽天カードは預貯金額を書く欄はあるものの、別に預貯金額を気にしていないとも言われています。

預貯金額を書く際はサバを読むにしても少し水増しするくらいで、95%くらい誠実な値を書きましょう。

年収

仕事を始めたばかりの場合、まだ年収は定まっていないことが多いかと思われます。

その場合は単純に、月収×12の値を書き込みましょう。

例えば月収15万なら年収180万といった感じですね。ボーナスがあるならまあ…適当にその分も追加して書き込みましょう。

アルバイトの場合は時給×働く予定時間×週に働く日数×4×12ですね。時給800円で8時間、週3なら年収921,600円といった所でしょうか。103万の扶養ギリギリです。

もしまだ初任給すら受け取っていない場合、このやり方で年収を書くとかなり水増ししすぎている感じがありますが…まあ問題はないでしょう。

なぜなら…楽天カードの審査は年収もあんまり重視していないと言われているからです。

審査に通るかは過去の行いによる

楽天カードの申し込みの際には、預貯金額や年収を書く必要がありますが、実はどちらも特に大きく重要視していないと言われています。

楽天カードが審査の際に重要視するのは過去にローンの支払いでしくじっていないかだけと言われており、過去にしくじっていなければまあ問題なく審査に通るはずです。

過去のしくじりとはすなわち…

  • 携帯料金の支払いを遅らせたり、踏み倒していないか
  • 他のクレジットカードで支払いを遅らせたり、踏み倒していないか

この2つです。

なぜ携帯料金?と思うかもしれませんが、これには現代の携帯料金にまつわるちょっとした罠が隠されています。

携帯料金は基本的には通信料+端末代から計算されます。

通信料とはカケホーダイだとかパケット使い放題プランが合算されたものから成り立ちます。

一方で端末代というのはスマホを月賦で購入する際に発生する料金です。例えばiPhoneなんかは通常、10万円もする代物なのですが、携帯会社が「もし2年間うちの携帯会社を使い続けてくれたら割引するよ」という事で割引価格で購入することができています。

その割引価格となったスマホ本体の代金を毎月分割払いで、携帯料金という名目で支払っているわけですね。

月賦で支払っているということはつまり、先にお金を借りて返済していると言う事になります。割引価格になったスマホ代金を借りて、携帯会社に毎月返済しているわけです。知らない人も多いかもしれませんが、携帯を新しく手に入れるときは知らぬ間にローンが組まされていたわけですね。

さて、このローンなのですが、軽いローンではありながら支払いが遅れたりするとその旨はしっかりと信用情報機関に登録されてしまいます。

もし携帯料金の支払いが遅れた場合、もしくは支払いを踏み倒した場合、携帯ローンの支払いも同じく遅れることとなり信用情報機関に「この人はローンを払うのを遅らせた」と記載されてしまいます。

楽天カードは審査の際にこの信用情報機関に書いてある信用情報を元にカードを発行しているので、もしここにキズが付いていたら審査は絶望的になります。

なので…もし過去に携帯料金の支払いを遅らせたり、踏み倒した事がある人は厳しいかもしれません。

他のクレジットカード料金の支払いを遅らせたり、踏み倒したりした場合も同様ですね。

逆に言えば、それらをしたことがないのであれば例えば無職だろうがバイトだろうが、主婦だろうが学生だろが、最近仕事を始めたばかりの人だって楽天カードは問題なく作れるはずです。

もしバイトが決まったばかりみたいな人でも、胸を張って楽天カードを申し込んでしまいましょう。