楽天カードにはコンビニ払いの支払い方法はあるか

基本的にクレジットカードというものは銀行口座から引き落としが行われます。しかし自分の銀行口座は常に空っぽなので、いきなり銀行口座から引き落とされるのはヤバそう…

楽天カードは欲しいけど、銀行口座から引き落とされるのはちょっと怖いから毎度コンビニで支払いたい!という考えを持った人のために、今回は楽天カードはコンビニ払い可能かについて解説していきます。

楽天カードのコンビニ払いは可能か

先に結論を言ってしまうと、楽天カードはコンビニ払いをすること可能です。ただし、楽天カードに銀行口座を紐付けない事が条件となります。

楽天カードを申し込み、しばらくすると家に楽天カードが届きます。楽天カードの申請時の情報入力欄で銀行口座を紐付けなかった場合、届いてすぐの状態の楽天カードはどこの銀行口座にも紐付けられていない状態になっています。

つまりその状態で使ってもどこの銀行口座からもお金が引き落とされません。代わりに自宅にコンビニ払い用の用紙が届くわけですね。

楽天カードをコンビニ払いで支払いたければ、銀行口座と楽天カードを紐付けなければいいだけです。楽天カードを申し込む際、銀行口座を入力する画面がありますが、そこで郵送にて引き落とし口座を設定するといったボタンにチェックを入れればいいだけです。

すると楽天カードとともに引き落とし先を決めるための用紙が送られてくるので、それを無視して楽天カードと銀行口座を紐付けなければコンビニ払いのための振込用紙が毎月家に届くようになります。

ですが…コンビニ払いには問題点も存在します。

コンビニ払いの問題点

コンビニ払いの問題点はまず、手数料にあります。コンビニ払いの支払い用紙の発行には82円の手数料がかかります。年間で言うなら984円となり、10年経てば楽天プレミアムカードの使用料に匹敵してくるのであんまりバカには出来ません。

また、支払いが送れた時のペナルティも非常に深刻です。クレジットカードというのは信頼の証です。クレジットカードの支払いというのは購入した品物のお金を楽天カードがかわりに建て替えてくれたものを月末に一括払いしているわけですが、もし支払いが送れた場合はあなたは「貸したお金を期限日に返してくれなかった酷いやつ」と認定されます。

完全に逃げたりしない限り捕まったりはしませんが、「貸したお金を期限日に返してくれなかった酷いやつ」という悪名は信用情報機関によってクレジットカード会社、もしくはローン会社全体で共有されることになるので、今後新しいクレジットカードを作ろうと思ったり、もしくはローンを組もうと思ったりしても作ってくれない…と言う事態に陥りやすくなります。

バカが付くほどマジメな人間は期限内にコンビニ払いをすることくらい造作も無いかもしれませんが、ちょっと雨が降ったくらいでお休みしたくなる南の島のハメハメハ大王のような人間はちょっと注意が必要かもしれません。

また、楽天カードは審査に通りやすくカードを発行してもらいやすいと言われていますが、同時に中途審査が厳しくちょっとでも怪しい人はいきなりなんの通告もなく契約解除をされるとも言われています。いつまで経っても銀行口座をひも付けせず、コンビニ払いで払い続けるというのはちょっと普通では無いので、楽天もそのような人間にはちょっと厳しい目を向ける…かもしれません。

コンビニ払いで無くてはならない確固たる理由、例えば子供に使わせているクレジットカードの使用料を自分で払わせるなど…があるのでなければ、出来るだけ口座からの引き落としは設定しておくといいでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。