楽天カードを延滞したら

調子に乗って楽天カードを使いまくった結果、支払えずに延滞してしまった!

もしくは楽天カードを今後延滞してしまうような気がする人のために、楽天カードを延滞したら何が起こるかについて解説していきます。

楽天カードを延滞したら…払おう!

火を見るより明らかな解答ですが、楽天カードの支払いを延滞したら払いましょう。

そもそもクレジットカードというのはクレジットカード会社にお金を一時立て替えて貰って商品を先にもらうサービスです。クレジットカードの支払いの遅れというのはすなわち商品だけ先にもらってお金を払っていない状態となります。

言い換えれば万引きや詐欺と同じ状態です。本当にヤバイ事なので、延滞は可能なかぎり早く解消しておくべきです。

もちろんそんなことは100も200も3000も承知で延滞している人の方がおおい方が分かっていますが…それでも延滞するべきではありません。

幸運なことに楽天カードには延滞してもなんとかなるサービスが何個もあるので、それを紹介していきましょう。

延滞してもなんとかなるサービス

リボ払い

まず1番有名なのはリボ払い、そして確定した支払いをあとからリボ払いにできるあとリボでしょう。あとリボとはあとからリボ払いの略で、楽天カードの支払いをあとからリボ払いにしてくれる機能です。

リボ払いというのは楽天カードのリボ払いについてでも詳しく解説しましたが、平たく言うなら「カードの支払を一定金額に抑えるサービス」です。

たとえば「リボ払い月3万」と設定すれば、たとえ10万つかっても、20万つかっても、30万つかってもその月の支払いは3万になります。

もちろん払っていない分は借金として来月以降返済する必要があるので一時的な逃避に過ぎませんが、それでも突然の出費に耐える場合に非常に役に立ちます。たとえばいつもは月3万で済んでいるのに、今月は旅行などで10万出す必要があった時などにあとリボにてリボ払いに設定すればいきなり10万も払う必要がなくなります。

いろいろ批判されることが多いリボ払いですが、賢く使えばピンチを救ってくれる救世主となります。リボ払いに依存すると破産しますけどね。

さて、このリボ払い…ピンチを切り抜ける切り札としては優秀なのですが、残念ながら支払いが確定してしまった後、つまり延滞が確定した後ではもう使えません。

このままだと延滞してしまいそうだと薄々感じている人は延滞する前に一部の支払いをリボ払いに切り替え手続きを行っておきましょう。

楽天カードからはがきが届く

支払いが確定し、指定した引き落とし日になっても引き落とせなかった場合楽天カードからはがきが届きます。

公共料金支払いなどで使われるバーコード付きのはがきであるため、もし入金に間に合わないなどで遅延した場合はコンビニや銀行でこのはがきを支払い方法として選ぶことにより入金が可能です。

私ははがきが届いたことはないので分かりませんが、どうやら何日までに払えみたいな指定はなく、早急に払えというような文面が書かれているようです。

だからといっていつまでも払わずにいるとさらにヤバイことになるので、できるだけ早くコンビニにいって払ってしまいましょう。

恐らくこのはがきでの支払いは早く済ませてしまえばペナルティとはならないはずです。銀行口座にたまたまお金が入っていないみたいなことは生きてれば何回かは有り得る話ですからね。1回支払期限に遅れたくらいで信用情報に傷がつくということはないでしょう。

このはがきをなくしてしまった場合は楽天に電話をすれば振込先を教えてくれます。

いつまでたっても支払いを行わないと、滞納金がついていくらしいので早く返済してしまいましょう。ちなみに限度は30日程度らしいです。だからといって30日遅らせると多分信用情報に傷がついて今後ローンが組めなくなる可能性がありますが…

滞納し続けるとどうなるか

楽天カードを滞納し続けると、いろいろなデメリットが有ります。まずは信用情報に傷がつきます。

信用情報にキズ

信用情報というのは、例えばクレジットカードを発行する際には審査が行われますが、この審査の時には信用情報機関にこの人は信用できるのかという情報を問い合わせているのです。

その信用情報機関には問い合わせてきた人物がお金を借りて返したことがあるかどうかについてが記載されているのですが…もしクレジットカードの支払いをいつまでたっても放置しているとここに「この人は信用できません」といった事が記載されてしまいます。

一度キズがついてしまうと今後絶対にクレジットカードの審査に通ることはありません。たとえ慌てて完済してもその後5年間はブラックリスト入りしたことがある人間として扱われるため、次にクレジットカードを作ることが出来るのは5年後以降ということになります。

ブラックリスト入りしてつらいのはクレジットカードが作れなくなることだけでなく、すべてのローンが組めなくなるという点です。家を買おうと思って住宅ローンを組もうにも組めないし、携帯電話の新機種を買おうと月賦払いにしようと思っても審査に通りません。

今後の人生の5年以上をつまらないものとしてしまうため、クレジットカードの延滞は非常に危険です。

延滞料金

支払いに送れると延滞料金が付く可能性があります。だいたい相場は年利14%であるため、たとえば20万の支払いを2ヶ月遅らせれば4600円ほどの延滞金が付きます。馬鹿にできませんね。

もちろん元手が大きければ、そして遅らせれば遅らせるほど延滞金も増えていきます。早く支払ってしまったほうがほんとうにお得です。

強制解約

楽天カードは入会は死ぬほど簡単なカードと言われていますが、途中での強制解約が非常に多いカードとも言われています。

マトモに使っていれば強制解約されることはまずありませんが、延滞はマトモに使うの定義から大きく外れています。

恐らく延滞をした時点で次の強制解約ターゲットになるはずです。楽天カードしか持っていないのであればカードのない生活を強いられることになるので…気をつけましょう。

コメント

  1. ありボー より:

    楽天カード支払いが遅れてしまった場合ハガキが来るとの事ですが、催促の電話などはこないでしょうか?

    • あーぼ! より:

      ハガキが来る前!
      引き落としが出来なかった次の日から毎日電話がありました!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。