楽天カードと楽天デビットカードの違いとは

楽天カードが欲しいけど、未成年だからカードが作れる年齢じゃない。もしくはカードの審査にどうしても通らないから審査のいらないカードが欲しい。といった人におすすめするのが楽天デビットカードです。

今回はその楽天カードと楽天デビットカードの違いについて解説していきます。

決定的な違い

楽天カードと楽天デビットカードの決定的な違いとはカードを使った時のお金がいつ引き出されるかにあります。

楽天カードはカードを使うと毎月27日にまとめて請求が行われ、登録した銀行口座より使った分の金額が引き落とされます。

一方で楽天デビットカードはカードを使ったその瞬間、登録した銀行口座よりお金が引き落とされるのです。

クレジットカードは欲しいけど使いすぎたらヤバそう・・・だとか、未成年だからクレジットカードが持てない・・・という人におすすめなのがデビットカードですね。

一方で毎月決まった額の給料を受け取っているが、銀行口座にはあまりお金が入っていないというような人におすすめなのがクレジットカードなのです。

もう少し詳しく説明していきましょう。

クレジットカードとデビットカード

例えばクレジットカードを使い、1万円のものを購入したとします。購入代金である1万円はクレジットカード会社が代わりに払ってくれるので、自分の財布からお金を出す必要はありません。

使った分の金額は毎月決まった日に集計され請求金額の確定が行われ、毎月決まった日に引き落としが行われます。

クレジットカードを使うとその時は代金を払わずに代わりにクレジットカード会社が払ってくれるわけですが、もし引き落としの日になっても登録した銀行口座にお金を入れて置かなかったらどうなるのでしょうか?それはクレジットカードの損失となります。

なのでクレジットカードには審査があり、社会的信用がなければクレジットカードは持てないという事になるわけです。

過去にクレジットカードの請求を踏み倒したり、もしくはお金が全然無いような人の購入代金を肩代わりしても悪い結果しか見えてきませんからね。

一方でデビットカードですが、デビットカードを使い、1万円のものを購入したとします。購入代金の1万円は登録してある銀行口座より即時引き出されます。

クレジットカードと違い、代わりに銀行やデビットカード会社が建て替えてしてくれたりはしません。銀行口座にお金が入っていない場合はカードが使えないだけです。

会社が誰かの購入代金を肩代わりすることがないので、そもそも社会的信用というものが必要ありません。なのでデビットカードは100%だれでも作ることができるのです。

だれでもと言うのは16歳以上の未成年、借金の踏み倒しをしたような人から凶悪犯までだれでもかれでも作ることが可能です。

もし未成年、もしくはクレジットカードが作れない人でクレジットカードを使いたい・・・という人がいたらぜひデビットカードを作ってみましょう。

デビットカードをクレジットカードの代わりにする

デビットカードはクレジットカードの代わりに使うことができます。正確に言うならVISAカードが使える店舗、もしくはネットサービスならデビットカードを問題なくクレジットカードの代わりに使うことができます。

日本ではデビットカードはVISAのシステムを流用して使われています。デビットカードが使われるときはVISAの認証システムを経て会社やら口座にアクセスしていくわけですね。その関係上、VISAが使える店ならばどこでもデビットカードを使えるということにもなるわけです。

例えばSteam、LoL、マインクラフトでゲーム関連アイテムを購入するとき、iPhoneアプリのツムツムなんかを課金するとき、もしくはアマゾンやもちろん楽天での決済にも使うことが可能です。

クレジットカードは未成年では作れませんが、デビットカードなら16歳以上ならだれでも作れるので、16歳になってインターネットショッピングなどをクレジットカードを使って行いたいと思っている人はデビットカードを手に入れてみましょう。

デビットカードは楽天銀行のような銀行口座を開設する際つけることが可能です。ノーマルJCB・ゴールド・ノーマルVISAといろいろな種類がありますが、海外サービスをよく利用するならゴールドかVISA、そうでないならJCBがいいでしょう。楽天銀行はJCBと提携しているのか、JCBデビットカードなら年会費無料で使えるようです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。