無職・バイト・派遣が楽天カードを作ろうとしたら電話確認はどうなるか

無職やアルバイト、派遣といった不安定な立場の人間が楽天カードを作ろうとした時、電話確認はどうなるのでしょうか。

クレジットカードを作る時は職場に電話が掛かってくると言われていますが、掛ける職場がない場合、もしくは掛ける先の職場で正規社員として働いていない場合…作れないということになってしまうのでしょうか?

電話確認はほとんどない

不安定な職業についていたり、無職だったりすると楽天カードが電話連絡する先がなくて審査に通らないと思うかもしれませんが、楽天カードには電話確認はほとんどありません。

楽天カードはどうやら機械的に審査を捌いているようで、よほどの理由がない限りは職場に電話して在籍確認といった事はしないと言われています。

よほどの事というのは例えば

入力項目にミスが有った場合

入力項目にミスがあった場合はそもそもカードを発行しようがないので電話で直接確認されます。この場合は自分の携帯電話番号、もしくは自宅の固定電話番号に電話が掛かってきます。

過去にどこからも借金をしたことがない場合

どこからもというのは携帯電話の分割払いすらしたことがない場合です。携帯会社で携帯を手に入れるには、今日では電話の代金を電話台に含めて分割払いというのが主流になっていますよね。コレも一応借金と返済としてカウントされており、携帯電話の借金をちゃんと払ったかどうかは信用情報機関に記録されていきます。

どこからも借金をしたことがない人は信用情報機関にもデータがない支払い納涼不明の謎の人間という事になるので、職場に在籍確認の電話が掛かってくるようです。

無職で過去に何処からも借金をしたことがない場合は…諦めましょう。ただし、世帯収入が300万円以上あり、かつ親と同居していれば無職でも楽天カードは作れる可能性が高いと言われているのでそちらの条件を満たしているか調べましょう。

まとめ

楽天カードは無職でもバイトでも派遣でも基本的には電話確認なしで作ることが出来るが、入力項目にミスが有ったり過去に借金をしたことがない場合は電話確認をされる場合がある。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。