楽天カードの審査で職場や自宅に電話が掛かってくることはあるか

楽天カードを作りたいけど…申し込みの後の審査の過程で家や職場に電話が掛かってきたらやだな〜と思っている人は沢山いるはずです。

だって家に電話かかってきて親に「◯◯さんはいらっしゃいますでしょうか?楽天カードの在籍確認で…」という電話を取られた日には…トラブルになりかねない人もいるでしょう。

これが職場だったらもっと最悪ですね。上司とかにこんな電話を取られたらもうその場で辞職願いを出したくなるかもしれません。借金取りに追われているのかと誤解されるような気がなんとなくしますよね。

そういうわけで今回は楽天カードの審査の過程で自宅や職場に電話がかかってくるのかというお話です。

楽天カードの確認電話はかかってくるか

楽天カードは審査の過程で自宅や職場に在籍確認の電話をする事は…あります。ありますが、殆どの場合はかかってきません。私も別に電話は掛かってきませんでした。というか99%の人間は電話確認無しで即審査が通るというのがもっぱらのウワサです。

というのも楽天カードの審査が甘い理由でも書きましたが、楽天カードはとにかく審査を簡易にし、とにかく会員数を増やして薄利多売で会員数を増やそうと言うのが目標でやっているらしく、電話による在籍確認なんていうお互いに面倒くさいことはしない方針であるそうからなのです。

そのため恐らく無職、バイト、パート、主婦、学生でも電話は掛かってきません。過去にヤバイ事情さえ無ければぱっぱと審査に通してしまおうというのが楽天カードの方針であると考えられます。

会員数をとにかく増やそうとしているというのに電話確認なんてしていたら増えるものも増えませんよね。電話確認が嫌で電話確認の無いクレジットカードをわざわざ探すような人がいるこの時代にそもそも電話確認をすること事態が間違っているのです。

ただ…それでも電話が掛かってくる人はたま〜に存在します。審査過程で確認の電話が掛かってくる原因はいくつか考えられます。

電話確認が来るタイプの人はこんな人

ほとんど電話確認が無い楽天カードとは言え、電話確認が行われたという口コミは無いことは有りません。

電話確認が一体どういう時に来るのかという項目をまとめたので、目を通しておきましょう。

入力項目にミスが有った場合

入力項目にミスが有った場合はかなりの確率で電話が掛かってくるようです。例えば生年月日があり得ない数字になっていたとか、名前が明らかにおかしい場合がこれに当てはまりますね。

というか入力項目のミスは100%といって言い確率で確認の電話が来るはずです。楽天カードの発行申請をする際は、目を皿にしてミスがないかどうか確かめましょう。

もし住所などが間違っていて、楽天カードの受け取りができず再配達も出来なかった場合、楽天カードの審査をやり直すことになるようです。

つまり申請→審査→発行→発送の手順をもう一度踏まなければいけなくなるというわけです。いくら楽天カードが早く来るカードとは言え、やり直したら2週間以上掛かることになります。

この二度手間を防ぐためにも明らかに間違っている入力項目を入れている人には電話確認をするというわけですね。

ただし、この場合電話が掛かってくるのは自分の携帯電話であるため安心ですね。もちろん家の電話番号を登録してれば家に電話が来ます。

職場が変わっている場合

既にクレジットカードを持っていて、前のクレジットカードに登録されている勤め先と楽天カード申し込みの際に登録した勤め先が違っている場合は職場に電話がかかってくるそうです。

確かに本当に会社にいるかどうかわからない人にはクレジットカードの発行をためらう気持ちはちょっとわかります。

既にクレジットカードを持っていて、職を変えたことがある人は電話が掛かってくるかもしれません。

心配な人は今持っているクレジットカードの勤め先の部分を現在の職場に変更しておきましょう。そうすれば電話確認は行われないでしょう。

今まで全く借金・返済をしたことがない場合

この場合「全く借金をしたことが無い」というのは「携帯電話の分割払いすらしたことがない」という意味になります。

携帯電話の分割払いは厳密に言うと携帯会社に借金をして毎月返済していることになります。これが重要なのです。

借金をして返済をするとクレジットカード会社が個人の信用度を図るために使っている信用情報機関に「この人は借金をしましたが返済もキレイに行いました。」と記録されます。

クレジットカード会社はこの信用情報機関の情報を見てその人にクレジットカードを渡してもちゃんと返済してくれるかどうかを判断するのですが、携帯電話の分割払いすらしたことがない人にはこの情報が無いため、カード会社にはどうにもこうにも信用出来ない人に映ってしまいます。

まっさらなで清らかな借金フリーの生活を送ってきている方がむしろ怪しいとは皮肉な感じですね〜

とにかく、携帯電話の分割払いを含め本当の意味で一度も借金をしたことがない人には電話確認が行われる可能性があります。

この場合は自宅に来るのか職場に来るのかはわかりませんが、念のため会社に「クレジットカードの審査で電話が来るかもしれないから…」と言っておいてダメージをやわらげておきましょう。

未成年の場合

楽天カードは基本的に18歳以上なら誰にでもカードを発行してくれます。ただし、18歳・19歳の未成年が楽天カードを作ろうと思ったら楽天カードは未成年でも発行可能?でも書いたように、親に確認の電話が掛かってきます。

電話を取るのは親なので在籍確認とはちょっと違うかもしれませんが、電話が掛かってくることは掛かってくるので問題無いですね。

未成年の場合、楽天の規約にて電話確認をすることになっているので、100%電話が掛かってきます。未成年が親に隠れてクレジットカードを作るのは不可能というわけですね…

未成年の場合、先に親を説得しておきましょう。

まとめ

電話確認は殆どの場合は来ないが、記入ミス・職場の変更がある場合・借金をしたことがない場合には掛かってくる可能性が高い。

その場合は先に周りにクレジットカードの審査の電話来るかもと根回しをしておくとダメージが少なくてすみます。

ただ、やはり99%以上の人には電話確認なしでいきなり発行されるらしいので、心配することはないでしょう。そんな楽天カードの申し込みはこちらから…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。