楽天カードの家族カードについて

CMも有名で還元率も高い楽天カード。審査もゆるいし限度額の管理などもネット上からしやすいため、このカードを手に入れて家族カードを家族に持たせようと考えている人もいるでしょう。

今回はそのような人のために、楽天カード家族カードについてのすべての疑問についてお答えしていきます。

楽天カード家族カードの発行について

楽天カード家族カードの発行についての疑問です。

年会費・発行費はいくら?

まず気になるのが年会費・発行費ですよね。家族カードというのはどのクレジットカードでも新たに年会費や発行費が掛かるのが普通ですからね。

楽天カード家族カードの年会費は無料となります。ただし、楽天プレミアムカードの家族カードが欲しい場合は1枚あたり5,400円となります。楽天プレミアムカードは年会費が10,800円なので半額分ですね。

普通のクレジットカード会社は1枚までなら無料、2枚目は有料みたいな感じが多いのですが…楽天カードは完全無料です。家族全員に楽天カード家族カードを持たせてもタダというのはいいですね〜

何枚まで持てるの?

次に気になるのが何枚まで持てるかという点ですね。無料だとしても1枚しか家族カードを発行できないのであれば大家族にとってはあまり意味が有りませんからね。

楽天カード家族カードですが、5枚まで発行することが出来ます。これ以上発行できるかどうかは分かりませんが、恐らく無理でしょう。

ただ、本カードを合わせて最大6枚まで発行できるのでこれだけあればたいていのニーズはカバーできるでしょう。

暗証番号は個別になるの?

楽天カード家族カードの暗証番号は個別になります。家族カードは発行時に新しく名前、生年月日などの情報を入れる必要があるのですが、その入力する情報の中にその家族カードのためだけの暗証番号が含まれています。

Screenshot at Mar 01 13-20-35

そのため、ここで違う暗証番号を設定すればすべての家族カードで違う暗証番号を設定することが可能となります。

限度額はどうなるの?

楽天カード家族カードの限度額ですが、これは本カードの限度額範囲内とおなじになります。

例えば限度額が100万円で楽天カードの本カードが10万円使い、家族カードAが5万、Bが15万使った場合、限度額残高は100−10−5−15で70万となります。

基本的に家族カードも本カードと同じ限度額だが、設定した限度額以上は絶対に使うことが出来ないというのが楽天カード家族カードの限度額の仕組みとなります。

名義は誰になるの?

楽天カード家族カードの名義ですが、これは本カードの人の名義となります。

ただし、カード券面に書かれる名前などは家族カード申込時に入力した情報が元となるので、カード自体の名義は発行先の家族のものとなります。

明細はどうなる?

家族カードが使った金額はすべて本カードと同時に請求されます。

また、誰がいつ使ったかは明細に記載されるため、支出のトラッキングもらくらくです。

Screenshot at Mar 01 14-23-17

家族カードの代わりとしていくつもカードを作っていると明細の管理が大変ですからね。このようにまとめられると便利ですね。

楽天カード家族カードの機能について

楽天カード家族カードは確かに楽天カードですが、他のクレジットカード会社の場合家族カードにはついてくる特典が異なる場合がありますよね。

楽天カード家族カードにはどのような機能が付いているのかについても解説いたしましょう。

ETCは付けることが出来る?

楽天カード家族カードですが、残念ながらETCカードを発行することは出来ません。

楽天カードのETCカードについてでも解説したとおり、楽天カードETCカードが欲しければ欲しい枚数分の楽天カードを作る必要があります。家族カードにETCカードを付けられるのはdカードかイオンカードくらいです。

もしETCカードが複数枚欲しくて家族カードを発行したいのであればイオンカードあたりを発行するといいでしょう。

EDYはどうなる?

楽天カードにはEdyを付帯することが出来ますが、このEdyは家族カードにも付帯させることが出来るのでしょうか。

もちろんできます。ただし、残高はカードごとに管理となるのでたとえ本カードにEdy残高が1万円あったとしても家族カードの方にチャージを行っていなければ家族カードの方でEdyを使うことは出来ません。

Edy機能付き家族カードなら阪急オアシスみたいな所で毎日の支払いが簡単になるからいいですね。必要があれば申し込んでおきましょう。

ポイントはどうなる?

楽天カード家族カードのポイントですが、これは本カードと同じく還元率1%となります。

そもそも楽天カード家族カードはやはり基本楽天カードですので、楽天カードを使ってポイント2倍になるところでつかえば2倍になりますし、3倍になるところなら3倍になりますし、10倍になるところなら10倍になります。

ただし!貯まったポイントは全て本カードを持っている人のポイント口座に貯まります。例えば本カードを持っている人が7万、家族カードを持っている人が3万使った場合、合計で1000ポイントが貯まることになりますが…

この1000ポイントが行くのは本カードを持っている人の楽天アカウントとなります。実際に支払いを行っているのは本カードを持っている人なので当たり前ですが、家族カードにもポイントを与えたいと思っているのならば注意しましょう。