楽天カードの審査が甘い理由

楽天カードと言えばクレジットカード業界の中でも一二を争うレベルで審査が甘いと言われています。その甘さといったら「楽天カードは職業欄にスナイパーと書いたのに審査に通った」という都市伝説が真実として広く信じられているほどです。

いや…瀬戸内シージャック事件から見てもスナイパーという職業は実際に無いわけでないはずなので一概に嘘とも言い切れませんが…

それは置いておいて、スナイパーの一件が無くても楽天カードは審査が甘いというのが世間一般の評価であります。一体なぜ楽天カードは審査が甘いのでしょうか?うまい話には裏があるのでは?今回はそこら辺のからくりを解説していきます。

楽天カードの審査は甘い?

そもそも楽天カードの審査は実際に甘いのでしょうか。確かに周りでは楽天カードの審査は甘い…という噂がよく聞こえてく来ますが、噂に過ぎません。

もしかしたら『テストに合格した人間がそれがどんなに難しくても「いや〜あのテスト簡単だったよw」とか言っちゃう現象』と同じようなことが楽天カードの審査にも起きているのではないでしょうか?

残念ながら楽天カードは審査基準を発表していないため、本当に審査が甘いかどうかは第三者の目からは判断することは出来ません。

客観的に分かる情報を集めていきましょう。例えば楽天カードの申し込みページでは、申し込み条件は以下のように記されています。

Screenshot at Nov 24 13-45-50

楽天カードの申込条件は満18歳以上で、主婦・バイト・パート・学生も可としかもわざわざ括弧書きで書いています。

主婦・アルバイト・パート・学生と言えばあんまりお金を持っていないタイプの人間の代名詞とも言えるでしょう。クレジットカードというのは信用商売ですので、可能な限りちゃんと使った分だけ返済が出来るタイプの人間にのみ発行したいというのが通常のクレジットカード会社の本音でしょう。

しかし楽天カードはわざわざアルバイトなどを括弧書きで強調するかのうように囲っています。わざわざ強調するということは逆に「普通、他のクレジットカード会社ではこれらの職業の人にはカードを発行していない」と言っていると考えてもいいでしょう。

他のクレジットカード会社では発行していないような人に私たちはカードを発行するので、このような人でも安心して申請してきてね…という意味が込められた括弧というわけです。

そう考えると、通常クレジットカードを発行してもらえない人でもカードを作れる会社という目線で見た時、楽天カードは審査が甘いクレジットカード会社と言えるでしょう。

それでは本題に入りましょう。楽天カードは何故審査が甘いのでしょうか?

楽天カードはなぜ審査が甘い?

楽天カードが審査が甘いのは、恐らく楽天カードは薄利多売という概念をカードビジネスに持ってきたいからであると考えられます。

薄利多売というのはアジアのメーカーがよくやっている、安いものを大量に売って利益を上げようというビジネスモデルです。1個あたり100円の利益を10個売るより、1個あたり10円の利益のものを1000個売ってもっと儲けようという考え方の稼ぎ方ですね。

クレジットカードには値段がないので安売りは出来ませんが、代わりに審査の通りやすさを安売りしてユーザーを獲得しようとしているわけです。

通常のカード会社はひと月あたり1万円儲かる客を10人揃えて月10万稼いでいる所を、楽天カードはひと月あたり1000円儲かる客を1000人揃えて月100万稼ごうとしているというわけですね。

ただ、クレジットカード会社というのは客にお金を貸して月末に徴収するというビジネス形態を取っているのですが、お金がない人にお金を貸してしまって果たして上手くいくのでしょうか?

例えば収入が月15万の人が毎月12万くらいクレジットカードを使って買い物をしていた場合、どう考えても返済出来なくなってしまいますよね。返済ができなければ負債者が返済してくれるまでその負債は楽天カードが肩代わりすることになります。そのような人があまりにも多いと楽天カードもさすがに続けていられなくのでは…?

もちろん楽天はそれに対する対策もあるようです。余り知られていませんが、楽天は審査は甘いものの、中途審査が厳しいとも言われています。

楽天カードは中途審査が厳しい

楽天カードは審査が甘いのでほとんど誰でも審査に通る反面、通ったあとの中途審査が厳しいらしく、もしその中途審査で不適切と判断された場合はいきなり契約が切られたりするようです。

不適切と判断されるのは返済が遅れたりといったさすがに契約が切られても仕方ないようなシチュエーションでのみ起こるようなのですが、それでもカードの契約が来られるのは厳しいですよね。

たしかに放置していたらお金を払わずにとんずらしそうな人間を切り捨てるというのは正しい判断ではありますが…

どちらにせよ真面目にカードを使っていればただ審査が甘いだけのクレジットカードとして使うことができるので、もし楽天カードを使っている、もしくは今後使う予定があるのであれば返済は遅れないようにしましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。