無職は楽天カードの世帯収入と預貯金額をいくらと記入すべきか

楽天カードを作りたいが無職なので預貯金も少ないし世帯年収も不明…こういう場合は審査の時に世帯年収と預貯金額をなんて記入すればいいのでしょうか?

世帯年収と預貯金額は正直に

無職で楽天カードを作りたい場合、世帯年収と預貯金額は正直に記入しましょう。銀行はあるが1万円しか入っていないなら1万円と記入するという事です。

クレジットカードの審査を受ける際は、誠実であることが求められます。どうしても審査に受かりたいからといって実際は無職で貯金も収入も0円なのに貯金400万・世帯年収600万なんて入力すると逆に怪しまれます。

また、楽天カードは最初に行われる審査とは別に行われる抜き打ち審査が非常に厳しいと言われています。

楽天カードはとにかく誰にでもクレジットカードを発行してしまおうという方針でやっていますが、その代わりに怪しい人間はどんどんカードを解約することでも有名です。

具体的には支払いが何度も遅れたりするような人が強制解約となるらしいのですが、世帯年収の割にカード利用料金があまりにも低すぎる人も強制解約の対象にならないとは言い切れません。

なので世帯年収と預貯金額は正直に記入しましょう。

預貯金額ゼロの無職が楽天カードを作るには

楽天カードは預貯金額が全くゼロの無職でも問題なく作れたという報告があります。というのも楽天カード側がほんとうに気にしているのは預貯金額ではなく、世帯年収だからです。

世帯年収というのはその世帯、つまり同じ家に住んでいる人全員の年収を合わせたものです。例えば父親が年収500万、母親が年収100万、自分が年収0万の場合世帯年収は600万と計算することが出来ます。

楽天カードでは預貯金額がゼロでも世帯年収が300万あればカードの発行は可能と言われています。そのため無職で楽天カードを作りたい場合はとにかく世帯年収を知っておくといいでしょう。

また、持ち家に長く住んでいるかどうかも重要です。

持ち家に長く住んでいると言う事はつまりそれだけ支払いが住んでいる家に住んでいるということになります。支払いが終わりつつある家はイザという時に資産にすることが可能であるため、楽天カードの審査の際に有利というわけですね。

まとめ

無職が楽天カードを作りたい場合は預貯金額はゼロでも問題ないが、世帯年収は最低でも300万以上あると有利。

また、親と同居している場合は同じ場所に長く住んでいれば居るほど有利。

親と同居していて世帯年収が300万以上の場合は無職でも何の問題もなく20分くらいで審査が完了したという話もあります。預貯金額はゼロでも世帯年収だけはシッカリと書き込みましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。