楽天カードとApple Pay

iPhone7がついに日本独自の支払い形式であるおサイフケータイ、もといApple Payに今秋から対応するということで、さっそくiPhone7への乗り換えを考えている人もいるかもしれません。

iPhoneにおけるおサイフケータイはApple payの延長線上として実装されるため、基本的にはiPhoneにクレジットカードを登録して使うという形になっています。

iPhoneにクレジットカードを登録して使うということは、すなわち楽天カードの出番ということにもなります。楽天カードホルダー、もしくは楽天カードを近いうちに入手しようと思っている人はiPhone7のおサイフケータイが始まる前に何を知っていたらいいのでしょうか。

今回はそんな疑問について解説していきましょう。

アップルペイの仕組み

iPhoneのおサイフケータイ、もといApple Payを使うにはクレジットカードをスマホに登録する必要があります。

基本的にクレジットカードは楽天カードを含めすべて登録でき、アップルペイに登録したクレジットカードはおサイフケータイとして利用できるようになります。

アップルペイに登録したクレジットカードの使いみちは基本的に二種類あります。

おサイフケータイ

1つめはもちろんおサイフケータイですね。

おサイフケータイはドコモのものであるため厳密に言うと違うのですが、イメージは完全に同じです。クレジットカードの登録が完了すれば、iPhoneをレジにかざして決済をすることが可能になります。

クレジットカードをiPhoneに登録すると、クレジットカード会社が提携している非接触ICカードのブランドが紐付けされます。楽天カードの場合はクイックペイですね。

iPhoneに楽天カードを登録しておサイフケータイを使いたい場合はレジにて「クイックペイでお願いします。」と言った後、ロック画面のiPhoneのホームボタンを2連続タップすることによりアップルペイの支払画面が表示されます。

その状態でホーム画面にて指紋認証をしたあと、iPhoneの上部をレジの読み取り部分(FeliCaのロゴが付いている部分)にかざすと決済が完了します。

felica1

FeliCaのロゴ

iPhone7を持っている人はぜひ試してみましょう。

アップルペイでサイト内決済

2つめはアップルペイによるサイト内決済です。

iPhone7に登録したクレジットカードは、アップルペイによる決済に対応したサイトやアプリでアップルペイ経由での利用が可能になります。

これにより、例えばメルカリなんかで買い物をする際、わざわざクレジットカード番号と名前と有効期限と裏の番号を入れなくても…アップルペイでの決済を選択するだけで決済が可能になります。

ようはインターネットでの決済がものすごく簡易になる仕組みというわけです。もっと詳しく言うと単純にクレジットカード番号を入力するよりもセキュリティがしっかりしているみたいな機能もあるようですが、とりあえず知っておくべきことは決済が楽になる機能という点のみでしょう。

ちなみに、現時点ではこのインターネットでの決済が簡単になる仕組みであるアップルペイによる支払いはマスターカードかJCBにしか対応しておりません。

そのため、VISAでカードを作ってしまった人はそれ以外のブランドのカードを作り直す必要があります。

Suica

iPhone7の目玉の1つなのがこれですね。Suicaにも対応しました。

仕組み的にはその後でスイカ等をiPhoneに登録し、先に追加したクレジットカードを使ってチャージできるようになっています。

screenshot-at-oct-06-17-20-08

スイカはチャージするのにわざわざ券売機まで行かなくてはならなかった事を考えるとものすごく便利になりますね。

今後ももしスイカの残高が足りなくて改札を通れなかった場合でも、その場でチャージできるようになるわけです。

ただし、例によってチャージできるのはマスターカードかJCBのブランドを持ったクレジットカードであるため、VISAのカードしか持っていない人でiPhone7のSuicaの利用を考えている人は注意が必要です。

対応している電子マネー

さて、おサイフケータイといえば様々なFeliCa対応の電子マネーやポイントカードなどをスマホにまとめられるというのが強みでありましたが、アップルペイはどれほどの電子マネーに対応しているのでしょうか。

公式サイトによると開始時に対応する電子マネーは以下の4つとなるようです。

screenshot-at-oct-06-17-25-51

Apple pay、iD、Quickpay、SUICAの4つとはちょっと少ないですね。

ただ、本来のおサイフケータイはコレに加えて楽天Edy、dポイントカード、nanaco、ポンタなど様々な電子マネーやポイントカードを統合できるようなので、いずれラインナップは増えていくのではないかと思われます。

楽天のお膝元である楽天Edyが含まれていないのは痛いですね。楽天Edyが使えれば楽天カードでEdyをチャージしてポイントが多めに貰えたり…といったオトクな使い方が出来たでしょうが…

アップルペイが日本で普及してEdyも参入しないとヤバイ!みたいな雰囲気になるといいですね。

ちなみに、もう一度言いますがアップルペイに登録し、ネット支払いが出来るのはマスターカードかJCBのみとなっています。

つまりVISAで楽天カードを作っていた場合、TOHOシネマズのアプリやGifteeのアプリでアップルペイによる支払いは出来なくなります。

しかしながら楽天カードはQuickpayと提携しているため、コンビニなどQuickpayに対応しているレジでのタッチによる支払いはブランドに関わらず可能になっています。

楽天カードは残念ながらブランドを変更する方法がないため、アップルペイのためにブランドを変更しようと思ってもそれは叶いません。

一度解約してから再契約しなおせばブランドの変更も可能ですが、カード番号も全て変わってしまう上になによりも面倒くさいので、新しくカードを作ってしまったほうがいいでしょう。

個人的にはイオンカードなんかは審査もゆるくて発行も早いのでおすすめです。

関西などでもスイカの疑似オートチャージが可能に?

微妙に趣旨が違うのですが、アップルペイの開始に伴って関西圏でも交通系電子マネーのり弁製が上る可能性があります。

これまで関西圏ではスイカのオートチャージを利用することは出来ませんでした。なぜならJR西日本にはICOCAという交通系電子マネーが既に存在しており、このICOCAは向上心のないナマケモノたちによって運営されているため、SUICAのように利便性を積極的に求めたりはしていません。

そのためICOCAにはいまだにオートチャージ機能やおサイフケータイ機能が搭載されておらず、関西圏で改札にて自動チャージしてくれる交通系電子マネーを手に入れようと思ったら阪急電鉄のPitapaを手に入れるくらいしかありませんでした。

そのPitapaも阪急電鉄沿線上に住んでいなければ何の意味もありません。

クレジットカードでチャージできるスマートイコカというカードもあるのですが、これもアホなことになぜか駅まで行ってチャージしなければいけないという謎の仕様となっており、人生を可能な限りスムーズで楽にしたいと考えている人にとってはかなり厳しい環境となっています。

さて今回アップルペイがSUICAに対応するということで、交通系電子マネーの煉獄に住んでいる府民たちももしかしたらスイカのオートチャージが利用できるようになるかもしれません。

アップルペイの対応クレジットカードの中にはビューカードが含まれています。ビューカードというのはJR東日本のクレジットカードサービスなのですが、スイカのオートチャージを使うには基本、このビューカードを手に入れる必要があります。

アップルペイにビューカードを登録し、スイカのオートチャージを登録した上でiPhoneにてスイカを利用すればオートチャージがなされるのではないかと私は考えています。

実際に始まってみなければ何とも言えませんが、私の推測が正しければ関西圏でもスイカ付きビューカードさえ手に入れば改札にてオートチャージがなされるスイカを手に入れる事ができるようになる筈です。

もし自動チャージしてくれなかったとしても今後はiPhone上からチャージが可能になるため、どちらにせよ関西圏に住んでいてiPhone7を持っている人はどうにかしてスイカを手に入れておいたほうがいいかもしれませんね。