楽天カードでLoLに課金する方法

League of Legends、いいですよね。私もファンです。

最近はオーバーウォッチに少し浮気していますが、それでもLoLは心のなかの故郷としていつでも帰る準備をしています。

さて、そのLoLですが、このゲームは基本無料でチャンピオンはプレイしまくればいずれ開放できるものの、可能であれば課金してRPを購入し、そのRPでチャンピオンを買いたい気持ちになるゲームであります。

しかしながら、日本には海外のようにLoLプリペイドカードなんてものは売られておらず、LoLに課金をしたければクレジットカードをまず手に入れる必要があります。

クレジットカードというのはアメリカでは中学生から持てる、田舎の緑なみに身近なものなのですが、日本ではそうでもありません。

LoLにどうしても欲しいチャンピオンがいて、お金もあるのにクレジットカードが無いため課金ができず、泣く泣くIPを貯め続けている人もいるでしょう…

でもその心配も今日で終わりです。楽天カードを作ればいいだけなのですから!

LoLに課金したいなら楽天カードを持つべき

楽天カードとLoLに何の関係があるのでしょうか?こう断言するからには楽天カードマンスキンが手に入るみたいな裏情報があるのではと期待するかもしれませんが…

特に楽天カードとLoLに関係はありません。以下30秒で作ったスマイトのクールタイムが上がるのを踊って待つ楽天カードマン

kskr

さて、それでは何故LoLに課金したいなら楽天カードと断言するのか…?それは…

楽天カードは18歳以上なら誰でも作れる上、審査が非常にゆるいクレジットカードだからです。

クレジットカードを持っていない人のクレジットカードに対するイメージといえばこんな感じでしょう。

  • 審査があるので年収300万くらいないと作れない
  • 貯金が10万以上ないと作れない
  • 無職や学生は作れない
  • 親や職場に電話が行くので確認してもらわないといけない
  • 申し込んで届いた書類にいろいろ書いてハンコも押さなくちゃいけない
  • 銀行口座も用意しないといけない
  • 運転免許書が必要

わかります。私も昔はこんな感じのイメージを持っていました。

しかし、楽天カードは上のリストにあるもの全て必要ありません。すなわち…

ほぼ形骸化しているとすら言われるレベルで甘い審査により年収や貯金、職業がなんであれ審査に通り、親や職場への確認の電話はなく、全ての情報入力はネット上で完結し、銀行口座、ハンコや運転免許書を用意する必要するすら必要ないクレジットカードなのです。

つまり、例えば年収30万で貯金120円、親と住んでる20歳の免許なし大学生でも…親に何も言うこともなく、しかもめんどうな書類に何を書く必要もなく、ハンコを付かなくても、免許が無くても楽天カードなら来週には手元に持ててしまいます。

う〜ん…太っ腹。でもなんで楽天カードはそんなに誰にもかれにもカードを渡しちゃうんでしょうか?

楽天カードはなんで誰でも持てるか

クレジットカードと言えば別名信用のカードとも言われ、社会的信用の証とも言われます。

その理由はクレジットカードの仕組みに起因しています。

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組みを簡単に説明しましょう。例えば誰かがクレジットカードを使うとその代金の請求はクレジットカードを発行した会社に行きます。

その場ではそのクレジットカードを発行した会社が使った店での代金を立て替えてくれるわけですね。お金を出しているのはクレジットカード会社ですが、その分の請求は月末に一括で行われるため、最終的には客がお金を払うことになります。

しかし…もし月末の請求の所で客が逃げてしまったらどうなるでしょうか。そうなるとお金だけ払わされたクレジットカード会社の損となってしまいます。

だからこそクレジットカードは信用のできる客にしか発行されてきませんでした。信用できる人かどうかを見極めるために厳正な審査などを設けて、誰にクレジットカードを作るかを選り好みしてきました。

そのためクレジットカードは信用の証なんて言われていたわけですね。

何故誰にでも発行するか

さて、その逃げられたらヤバイ クレジットカードを誰にでも発行する楽天カード…いったい何でそんなことをしているのでしょうか。

答えは儲かるからです。いえ、こう言ってしまうと元も子もないのですが、クレジットカードというものは、客がしっかり毎月返済さえしてくれれば自分はお金を右から左に受け流すだけで手数料で儲かる素晴らしいシステムなのです。

もちろんどこの馬の骨かよくわからない客を大量に入れて踏み倒されて、損を被るというリスクも有りますが…それをわかった上でどんどん客を増やそうと審査も甘くして、申し込み方も楽にしているわけですね。

ようはクレジットカードの薄利多売です。

誰にでもクレジットカードを持たせて、踏み倒されて損するかもしれないけれど、それ以上に手数料で儲けられるだろうと思っており、実際にそれが上手く行っているから昔からずっとカードを発行しまくっているわけです。

楽天カードを手に入れるまで

楽天カードは先程も言いましたが、手に入るまでがメチャ簡単です。

1.楽天カード公式サイトで名前や住所などを入力

2.24営業時間以内に審査の合否メールが来る

3.7日ほどすると楽天カードが家に届く&その瞬間から使える

ここまで単純でスピーディなクレジットカード会社が今まであったでしょうか…?いや、ない!

特に初日から使い始められるのはいいですね。ついたその日その瞬間からいきなり99ドル分RPを購入できます。

もしLoLやSteamで課金をするためにクレジットカードが欲しいと思っていたのであれば、今すぐ楽天カードに申し込んでしまいましょう。