楽天カードを無職が作る際、勤務先名はどうするべきか

楽天カードを作りたいと考えているが、勤務先名をどう書けばいいのか悩んでいる…

無職だから勤務先名なんて書けないし、かといって無職なんて書いたら楽天カードの審査に落とされるに決まっている…

そんなジレンマを抱えている人のために無職が楽天カードを作る際勤務先名をどうすればいいのかについて解説していきます。

勤務先名は無職(お勤めされていない方)にしよう

楽天カードを作る際は、最後の項目で勤め先について聞かれます。

その時に聞かれる項目は

・お勤めの方(家賃収入を含む)

・お勤めされていない方

・学生の方

・年金受給の方

の4つとなっています。

無職の場合お勤めされていない方に当てはまるのですが、無職でクレジットカードを作ろうなんて正気の沙汰ではなさそうなので、お勤めの方にチェックを入れたくなってしまいます。

しかし!お勤めの方にチェックを入れて次へをクリックすると、今度は勤め先の情報入力画面に移るので、無職の人はここで詰まってしまいます。

無職はここで手詰まりなのでしょうか?それとも打開策はあるのでしょうか?

正直に記入しよう

お勤めされていない方にチェックを入れて次へをクリックすると、勤め先の情報入力画面には入りません。記入しようがないですからね。

そして無職の人はそれでいいのです。ここで無職を選択しても問題なく楽天カードを作れたという前例は実はゴマンとあります。

そもそも無職の人がカードを作れないのは返済能力が不明であるからです。しかし、楽天カードは無職の人には本人への返済を求めません。本人ではなく家族に返済能力があるかどうかを見ています。

つまり親や親戚といった、返済時に援助してくれる人と一緒に住んでいるかどうかを見ているというわけです。

楽天カードの申し込み記入欄の上の方には

・世帯人数

・居住状況

・居住年数

という欄がありますね。

世帯人数が独身(家族同居)もしくは配偶者あり

居住状況が持ち家

居住状況が3年以上

の場合は無職でも問題なく楽天カードの審査が通ると言われています。

持ち家に何年も家族と同居しているというのは言い換えれば住宅ローンを何年も支払う能力のある人間が存在する家庭に住んでいるということになります。

そのような人間と同居していると言う事はつまりもし本人が返済出来なくても援助してくれる可能性が非常に高いと言えますよね。

なので上の3つの条件に当てはまっているのであれば、本人収入なしのお勤めされていない方にチェックを入れていたとしても問題なく審査に通るというわけです。

まとめ

楽天カードは無職でも親や親戚といった支払い能力のある人間と同居していれば審査が通るので、お勤めされていない方にチェックを入れても全く問題ない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。