楽天カードのエディとは?

楽天カードに付けることが出来るらしいのが楽天Edy。エディってなんか聞いたことはあるけど、使ったことはないしそもそも使い道がよくわからない…

そんな人のために今回は楽天カードのエディについて解説していきます。

楽天カードのエディとは

楽天カードについてくるエディとは、楽天が運営をしているプリペイドカードの事を指します。

このエディは非接触式ICカードを搭載しているため、エディ対応の店舗では支払いの際にエディをかざすだけで支払いを行うことが出来ます。

SUICAとかICOCAとかNANACOなどと同じようなアレですね。

メジャーな所でエディが対応しているのはマクドナルドやすき家といったファストフード店からららぽーとのような大型ショッピングモールや、場所によってはイオンでも対応していることがあります。

楽天Edyでの支払いが可能な店舗では必ずレジの何処かにこのアイコンが表示されています。

ogp_logo

頻繁に利用する所がエディに対応しているかどうかはこのマークの有無を探すことによって確認することが出来ます。

最寄りの店が対応していれば毎度毎度財布からお金を取り出さずに支払いを行うことができるので会計が非常にスムーズになりますね。

エディ対応のスーパーの真横に住んでいたり、マクドナルドに毎日通っているみたいな人はエディに常にお金を入れておいて使うのもありでしょう。

Edy対応楽天カードにチャージする方法

楽天カードを発行する際にEdyを付けると選んだ場合、楽天カード自体がEdyとして使えるようになります。

ただし、iDと違って楽天Edyはそれぞれ独立しているため、楽天Edyを使うにはまずチャージする必要があります。

楽天カードにEdyをチャージするにはいくつか方法があります。

Edyチャージャーでチャージする

Edyをチャージする最も一般的な方法はいろいろな店舗に設置されているEdyチャージャーを使うやり方です。

ay_charge01

このEdyチャージャーの下のEdyの部分に自分のEdyをセットし、上の部分にお札を入れるとその分がチャージされます。

Edy対応の店にはこれが置いている可能性が高いので、探してみるといいでしょう。

ファミリーマートでチャージする

ファミリーマートでチャージすることも出来ます。

他の電子マネーと同じく、レジにてEdyをチャージしたいと言えばチャージすることが可能です。

ファミポートでチャージする

先に楽天カードの総合ナビサイトである楽天e-naviで設定しておけば、ファミポートにてEdyをチャージすることが可能です。

famiport

まず楽天e-naviにアクセスしたあと、下の方にあるEdy関連の項目を選びましょう。

Screenshot at Jun 05 14-08-20

Edyチャージの方法は3種類あります。

  • Edyチャージ
  • いつでもEdyチャージ
  • Edyオートチャージ

Edyチャージは設定した金額をファミポートにて1回のみ、

いつでもEdyチャージは設定した金額をファミポートで何度でも、

Edyオートチャージは設定した金額を下回った場合のみ、Edyをファミリーマートで使うたびチャージできます。

この中ではEdyオートチャージが1番便利なのですが、ファミリーマートで使わなければオートチャージ出来ないというのはちょっとマイナスポイントですね。

詳しくは楽天カードでEdyをオートチャージしようでも解説しています。

さて、楽天E-naviで設定をした後は実際にファミリーマートなどに設置してあるファミポートにてチャージをする必要があリます。

famiport

ファミポートに画面にタッチすると、以下の様なメニューが表示されます。

fami03 Edyチャージの項目を選ぶと、設定が完了していればEdyを受け取ることが出来ます。

オートチャージを設定した場合は少し複雑で、ファミポートで設定した後またファミリーマートのレジでEdyを使う必要があります。

楽天カードでエディを使うメリット

すでにスイカとかワオン持ってるし今更楽天カードでエディなんて使わないよ!と考える人もいるかもしれません。しかし楽天カードとエディを併用する際のメリットを聞けば考えは変わるかもしれません。

エディは楽天カードを使ってクレジットカードによるチャージをすることが可能です。楽天カードは 1%の楽天ポイントが貯まり、さらにエディは0.5%の楽天ポイントが貯まります。

つまり楽天カードでエディにチャージし、楽天エディを使って買い物をすると1.5%のポイントが貯まっていく計算になります。通常プリペイドカードの還元率はもっと低めなのでこれは嬉しいですね〜

1.5%でも満足できなければキャンペーンを利用すればもっと大量のポイントが手に入ります。

Screenshot at May 15 15-54-51

公式楽天エディアプリをダウンロードで100ポイント、特定の店舗でエディのポイント3倍、もしくは特定のホテルでのエディ利用でポイント11倍といろいろなキャンペーンが存在します。

一度設定しておけばファミリーマートやサークルKサンクスのようなコンビニでいつでも指定した額をチャージする機能というものもあるので、何かしらプリペイドカードがほしいと思っていたり、もしくはいつもよく行く店がエディに対応していると言う場合は楽天カードにエディを付けてもいいかもしれませんね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。